medical content

/ 診療科目

HOME > 診療科目

01 - outpatient clinic

外来outpatient clinic

風邪などの疾患から専門的な診療まで幅広く対応。お気軽にご相談ください。
当クリニックでは、患者様のニーズに応じた診療科を多数設置(月曜/糖尿外来・水曜/肝臓外来)しています。風邪や消化器疾患、慢性疾患、健診の二次検査など幅広く対応しています。
各種健康保険も取扱いしております。

診療内容(症状別)

当院では以下の症状の診療が可能です。

  • 倦怠感(だるさ)
  • 体重の変化(短期間)
  • 不眠
  • 貧血
  • 筋肉痛
  • 頭痛
  • めまい
  • 胸の痛み
  • 心疾患
  • 不整脈
  • 顔の腫れ
  • むくみ
  • 顔のほてり
  • こむら返り
  • 鼻詰まり
  • 鼻水
  • のどの痛み
  • 声が出ない
  • 咳やたん
  • 寝汗
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 息苦しさ
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • しゃっくり
  • 胸やけ
  • 胃痛
  • お腹の張り
  • 便秘
  • 黒い便
  • ぢの悩み
  • 肝機能障害
  • おうだん
  • ヘルペス
  • 頻尿
  • 巻き爪

できること

当院では以下の検査・治療を行っています。

  • 血液・尿検査
  • 聴力・視力検査
  • 胃カメラ検査
  • 大腸カメラ検査
  • ピロリ菌検査
  • エコー検査
  • レントゲン検査
  • 心電図
  • 24時間心電図検査
  • 24時間血圧モニター
  • 睡眠時無呼吸検査
  • アレルギー検査
  • 動脈硬化検査
  • 腫瘍マーカー検査
  • 糖負荷試験
  • 栄養指導
  • 一般検診
  • 特定検診
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • CART治療(在宅)
  • 漢方薬
  • ジェエネリック薬品
  • 在宅訪問診療
  • 嚥下機能検査
  • 禁煙外来
  • 遠隔診療
  • 巻き爪
  • 眼底カメラ

医師・スタッフ紹介

午前 午後

院長

谷川 健

院長

谷川 健

院長

谷川 健

院長

谷川 健

院長

谷川 健

院長

谷川 健

糖尿病・代謝

鎌田 昭江

総合内科

川原 知瑛子

肝臓

三馬 聡

総合内科

川原 知瑛子

総合内科

濱田 久之

中鋪 卓

岩津 伸一

院長

谷川 健

院長

谷川 健

予約検査

院長

谷川 健

院長

谷川 健

-
- - -

総合内科

川原 知瑛子

- -
  • 院長

    谷川 健

  • 総合内科

    川原 知瑛子

  • 肝臓専門

    三馬 聡

  • 総合内科

    濱田 久之

  • 総合内科

    日野 直之

  • 総合内科

    岩津 伸一

  • 糖尿病専門

    鎌田 昭江

  • 管理栄養士

    外山 信子

  • 外来スタッフ

始めて来院される方へ

当院に初めて来院される方は下記のボタンより詳細をご確認ください。

02 - diagnostic imaging

画像診断diagnostic imaging

内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

いわゆる胃カメラです。当院では、安定剤を使用して患者さんにリラックスして頂いた上で、最新式の拡大観察が可能な細径のスコープ(GIF-H290EC・GIF-H290Z・Olympus社製)にて検査をさせていただきます。内視鏡の専門病院(大学病院など)と同等の検査を行うことができます。早期胃がん・食道がん・咽喉頭がん・十二指腸がんなどの病変の発見率を上げるためには、詳細な拡大観察が不可欠です。

下部消化管内視鏡検査

いわゆる大腸カメラです。大腸がんは近年増加傾向にあり、女性のがん死亡率では、大腸がんが第一位です。当院では受診される方の体つき・腸の長さに応じたPCF-H290Zを含む5種類の内視鏡と安定剤と炭酸ガスの使用により苦痛のない検査を受けて頂くことができます。また、女性医師による検査を希望される方のために、女性医師による検査枠も用意してあります。また、全例を最新式の拡大観察が可能な内視鏡で行いますので、小さなポリープや早期がんを見逃さずに、確実な診断のもと適切な治療を行う事ができます。

当院の検査の特長

1. 安定剤の使用

当院におきましては、ご希望に応じて安定剤を使用します。より楽な内視鏡検査を提供することで、「また受けても良い」と思われる検査を目指します。定期的に内視鏡検査を受けて頂くことで、進行がんをなくすことができると考えております。麻薬系の鎮痛剤はいっさい使用しておりません。

2. 炭酸ガスの使用

当院では、炭酸ガス(CO2)を使用しております。二酸化炭素は空気と比較して、水に溶けやすい性質があり、検査後の腹部膨満感が軽くなり、より苦痛の少ない検査を受けていただくことができます。

経鼻内視鏡と経口内視鏡

当院では、最新式の拡大観察が可能な細径のスコープ(GIF-H290EC・GIF-H290Z・Olympus社製)を導入しておりますので、内視鏡の専門病院(大学病院など)と同等の検査を行うことができます。早期胃がん・早期食道がん、早期十二指腸がん、早期咽喉頭がんなどの病変の発見率を上げるためには、拡大観察が可能な安定剤を使用して、口からの内視鏡検査をお勧めします。安定剤を使用されたほぼ全員の方は、検査時の苦痛は訴えられておりません。

鼻からの経鼻内視鏡

鼻からの経鼻内視鏡

メリット

カメラの径が細い(5〜6mm程度)ため、痛みや嘔吐反射を軽減できる

デメリット

内視鏡の挿入により鼻出血など、鼻粘膜が傷つく恐れがあるので、鼻の疾患のある方は避けた方がよい検査と同時に、ポリープ切除や止血術などの処置が行えない

口からの経鼻内視鏡

口からの経口内視鏡

メリット

カメラの管が太く(10mm程度)、ライトも明るいので病変部分をより鮮明に見られる検査と同時に、ポリープ切除や細胞採取などの処置が行える

デメリット

安定剤の副作用で気分の悪くなる方がまれにいる検査後に、安定剤の効果が切れるまで少し時間がかかる(30〜60分程度)

ポイント

ブルーライト照明

当院の内視鏡検査室には、ブルーライト照明を県内で初めて採用しています。ここ数年でブルーライト照明は画像診断医の現場でも活用が広まっています。その理由の一つに「眠くなりにくい」「集中力が増す」という研究報告があります。内視鏡検査では画像診断が重要です。当院ではドクターの検査環境を整えることで、初期段階の癌の発見や、患者様の負担の軽減に努めております。

内視鏡年間実績

検査名称 検査実績
胃カメラ 2,286名
アニサキス除去 3件
大腸カメラ 870例
ポリープ除去(胃・大腸あわせて) 462例
止血術(胃・大腸あわせて) 85例

(H29.6〜H30.5)

料金表

内視鏡検査の料金表です。

エコー検査

超音波検査(エコー検査)とは、超音波を当てて、その反射を映像化することで、体の内部の状態を検査することのできる画像検査のひとつです。また放射線を使わないので被爆の心配はございません。

  • 頸動脈エコー

    脳につながっている頸の血管が狭くなっているか調べます。

  • 甲状腺エコー

    甲状腺の大きさや腫瘤を調べます。

  • 乳腺エコー

    乳がんやその他の腫瘤があるか調べます。

  • 心臓エコー

    主に心臓の大きさや肥大、弁膜症や働きなどを調べます。心筋梗塞の前兆症状の発見にも役立つ検査です。

  • 腹部エコー

    肝臓・胆嚢・腎臓・脾臓・膀胱・前立腺・婦人科、さらに胃や腸などの消化管も調べます。

  • リウマチエコー

    主に腕や指の関節の腫れなどを調べます。

  • 下肢血管エコー

    動脈が狭くなったり閉塞したりすると足が冷えたり、最悪の場合切断することもあります。エコーでは血流の状態を調べます。また静脈はエコノミー症候群などにつながる血栓があるか調べます。

※皮膚の下にある腫瘤を調べる皮下エコーや整形外科エコーもできます。

検査実績

検査名称 検査実績
腹部 2,711件
心臓 929件
甲状腺 251件
乳腺 127件
表在 101件
頸動脈 300件
下肢血管 168件
その他血管 17件
合計 4,604件

(H28.7〜H29.6)

院内迅速血液・尿検査

  • ADAMS A1c mini (グリコヘモグロビン分析装置)
  • SPOTCHEM D-Concept (乾式臨床化学分析装置)
  • Celltacα(全自動血球計測器 MEK-6500)
  • Coagu Chek XS (血液凝固分析装置)
  • Pocket Chem UA (小型尿分析装置)

採血を行った場合、大きな病院でもない限り血液の検査は外注(他の会社に検査を依頼)することが多いので、通常早くても翌日にならないと結果は分かりません。 当院では、大きな病院と同じ血液・尿検査機器を用意し、最短1分、最大18分(15項目検査)でその日の採血・採尿結果を患者様にお知らせすることが出来ます。 特に細かな薬の調整が必要な糖尿病の患者様(HbA1c・血糖・尿中アルブミン・尿中クレアチニン)やワルファリン服用中の患者様(PT-INR)、脂質異常症(コレステロール・中性脂肪等)、肝機能障害(AST・ALT・γ-GTP・ALP・総ビリルビン・LDH等)、腎機能障害(尿素窒素・クレアチニン・尿酸・電解質・総蛋白)、膵機能障害(アミラーゼ)、痛風(尿酸)の患者様は、前回の結果ではなく、その日の結果でお薬の調節を行い、生活習慣病を効率的に治療することが出来ます。 また、急に体調が悪くなった患者様に対しても、迅速に血液結果(CRP・末梢血液等)を把握することで重症度を評価し適切な治療を行うことが出来ます。 院内迅速血液・尿検査の結果を踏まえ、さらに詳しい検査が必要な場合には外注にて検査することもあります。

  • ADAMS A1c mini (グリコヘモグロビン分析装置)
  • SPOTCHEM D-Concept (乾式臨床化学分析装置)
  • Celltacα(全自動血球計測器 MEK-6500)
  • Pocket Chem UA (小型尿分析装置)

眼底カメラ

  • TRC-NW400

当院では、最新型の“無散瞳眼底カメラ” 『TRC-NW400』を使用しています。 眼底検査では眼底カメラという、眼の網膜を撮影するカメラで、眼の状態を把握しています。 眼底は人体で唯一、血管の状態を直接肉眼で観察できるポイントで、 眼底カメラの撮影はさまざまな眼底疾患の状態、経過を把握するために欠かす事のできない検査です。 また、無散瞳眼底カメラでは、散瞳薬(目薬)を使用して瞳孔を広げる必要が無いため、 患者さんは少ない負担で眼底検査を受けることができます。 眼底検査を受けることで、緑内障や黄斑疾患などの病気を始め、糖尿病などによる全身疾患の早期発見に繋がります。

  • TRC-NW400
  • 眼球構造イメージ
  • 眼底写真

医師・スタッフ紹介

  • 院長

    谷川 健

  • 画像診断 内視鏡 チーフリーダー

    石居 公之

  • 臨床検査技師

    吉住 敏男

  • 臨床検査技師

    高本 紗久良

  • 画像診断

    松原 紀子

  • 画像診断スタッフ

技術指導

当院では医師や検査技師の方への内視鏡検査・エコー検査の技術指導を受け入れております。詳しくはお問い合わせください。

03 - home-based medical care

訪問診療home-based medical care

在宅診療 198名
看取り数 24名 2017/4/1~2018/3/31

「おじゃまします。」
医療スタッフがご自宅におじゃまして治療を行う在宅医療は、外来や入院以上に「患者さんが主人公」の医療です。そこには患者さんがいつも座り慣れたお気に入りの椅子があります。毎日お休みになるベッドがあります。患者さんが食べる夕食のご飯が炊けた匂いがあります。そして何より、病院では見ることのできない穏やかな顔をした患者さんがそこにいます。そんな患者さんに会いたくて毎日往診車を走らせています。住み慣れた自宅で療養したいという患者さんの思いに寄り添いそのお手伝いをするのが私たち在宅医療スタッフの役割です。

診療内容

24時間365日、安心サポート

原則として月2回以上、予め計画した日程に医師がご自宅に伺い、診療・検査・薬の処方などを行います。 緊急の場合には夜間・休日に問わず24時間365日医師が対応します。

専門医が診療

重度や複数の疾患をお持ちの方でも安心してお過ごしいただけるよう、谷川医院常勤医師3名の他に大学病院の専門医(胃腸科、肝臓、脳神経、脳卒中、パーキンソン等の難病、老年医学、精神科)が医師的支援を行います。また、眼科、皮膚科、歯科と連携し、総合医療を実践しています。当医院が信頼できる介護保険サービス事業所と連携して可能な限り自立した日常生活のサポートもご紹介します。

可能な処置

安定した呼吸のために 在宅酸素療養・在宅人工呼吸器
栄養摂取のために 胃ろう管理・経鼻経管栄養・腸ろう管理・在宅中心静脈栄養
排泄のために 膀胱留置カテーテル・ストマケア・人工肛門
苦痛の緩和のために 麻薬処方・腹水排液・携帯型精密輸液ポンプ管理
身体機能向上のために リハビリテーション指導
床ずれ治療のために 皮膚科専門医による床ずれ処置

関連病院と連携してサポート

在宅医療でCT・MRI等の検査や、入院が必要な場合において希望される方にご紹介致します。原則は以前受診されていた病院に依頼致しますが、当医院は地域の各病院と連携体制にありますので、ご希望をお聞かせください(病態や病院の状況によりご希望に添えない場合もありますが予めご了承ください)入院の際には病院と当院とで経過や治療方法について情報共有をし、その内容は患者様にご報告します。

主な症状
ガン末期・パーキンソン・ALS・脳梗塞・脳卒中・脳神経・認知症・リウマチ・心不全・腎不全・呼吸不全・糖尿病・床ずれ・老衰 等

対象となる方

  • ご自宅での療養を希望される方
  • 入院や通院が困難な方
  • 呼吸や栄養、排泄等、日常生活に医療サポートを必要とされる方
  • 末期がんで緩和ケアを受けられている方

在宅診療の流れ

  • 01
    日程調整

    在宅酸素療養・在宅人工呼吸器

  • 02
    在宅診療

    主治医や各専門医がご自宅まで診療や処置に伺います。

  • 03
    処方

    処方薬は薬局が直接ご自宅にお届けします。

  • 04
    諸機関との連携

    訪問看護事業所と連携し、点滴や採血検査等の適切な処置を行います。また必要に応じ、その他医療機関への紹介や検査を行います。

料金表

月2点数回の在宅診療 要支援・要介護認定以算定(例)

医師・スタッフ紹介

  • 院長

    谷川 健

  • 在宅診療 チーフリーダー

    本田 英雄

  • 在宅診療

    石居 公之

  • 在宅診療

    津田 一英

  • 在宅診療

    濱田 久之

  • 在宅診療スタッフ

教育

当院では、在宅医療を医学生や研修医と共に行っています。在宅医療は、国が力を入れている事業でもあり、多くの患者さんからの要望もあります。しかし全国的に、在宅医療に従事する医師や看護師は少ないのが現状です。谷川医院では患者さんの協力を得て、医学生や研修医と共に、診療にあたっています。毎年100名以上の医学生が在宅の患者さんから学んでいます。全国的にも最先端の在宅医療教育を行えるのは、長崎の温かい患者さんたちのご協力のおかげだと思っております。心より感謝申し上げます。10年後、20年後の長崎の医療を支える若人を育てるために、<若人が集う長崎県>をスローガンに、これからも活動していく所存です。今後とも皆さまのご理解、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

04 - medical checkupn

人間ドック・がん検診medical checkup

がんの早期発見に・特定検診と一緒に任せて安心「胃・大腸ドック」

このような心当たりがある方は早めの検診を

ご家族に胃がんや
大腸がんを
発症した方がいる
本やTVなどで
「ピロリ菌」のことを
知り不安になった

診断実績

経験豊富な医師とスタッフが最新の医療機器により診断します。

H28.4~6 内視鏡症例数 812件 H28.4~6 がん発見率 3% 24件

苦痛のない検査を心がけております。
また、個室(有料料金が発生します。)で安心して受診できます。個室をご希望の方はご予約ください。

料金表

内視鏡検査の料金表です。

企業健診につきましては企業によって検査項目が異なりますので、事前にご確認ください。

オプション検査

ピロリ菌檢査 ¥2,700
大腸カメラ ¥13,000
乳腺エコー ¥3,000